大腸がんにならないためにできる事~大病予防長生き計画~

医者

発見のポイントと治療法

医者

卵巣がんは症状が出にくいので、他の臓器に転移するまで気づかないことが多いがんです。早期発見の為にも、卵巣がんの可能性のあるポイントに当てはまるものがあれば早めに医療機関を受診することが大切です。治療法としては、がんに対しての効果が高い免疫療法が注目を集めています。

Read More

耳が聞こえにくくなる腫瘍

女性の横顔

聴神経腫瘍は聴神経周辺の細胞が原因でできる脳腫瘍の一種であり、遺伝性が強い者であるとされています。手術費用としては高額医療養費制度を利用して1か月程度の入院で100万円程度と見積もっておくと良いでしょう。

Read More

脳腫瘍の治療法

手

脳腫瘍の一つである聴神経腫瘍とは、前庭神経から発生するとても発症例が多い良性の腫瘍です。治療法として経過観察、放射線治療、開頭手術があります。ほとんどが放射線治療で完治し腫瘍が大きい場合に開頭手術が選択されます。腫瘍が自然に小さくなる場合もあるので、腫瘍が肥大しないようならば経過観察が選択されます。

Read More

最近増加傾向のがん

潰瘍性大腸炎にならないためにも効果的な方法をこちらのサイトで紹介しています。体質の改善をしたい方は参考にしましょう。

大腸がんの治療方法や抗癌剤についての情報をお教えします。確実に克服したい方は正しい知識を得られるコチラのサイトを要チェックです。

原因は何か。

先生

最近、増加している癌。それはいったい何かというと、大腸がんです。毎年多くの人が、この病気を原因として亡くなっています。大腸がんは大腸の粘膜の細胞が様々な要因によってがん細胞となって、大腸の壁に進行していく病です。原因として、まず肉や油などの食事が増えたことによる食生活の欧米化がいわれています。そして、タバコも良くないとされています。タバコは肺などに良くないイメージがありますが、タバコを吸う人は吸わない人に比べると約7倍違うとされています。そして肥満、運動不足、飲酒なども危険因子になっています。また大腸がんは遺伝とも関係があり、祖父母・親や兄弟など直系の家族に大腸がんにかかった人がいる人も注意が必要です。

症状はあるのか。

大腸がんの初期症状は発症部位などにより様々です。血便は一般的によく聞きますが、下痢と便秘の交互の繰り返しや便が細くなったり、おなかが張ったり、体重減少などです。しかし、早期の大腸がんの場合は、ほとんど自覚症状がないとされています。その場合は大腸がん検診や人間ドッグなどの検査で見つかります。もし初期症状があったとしても気づきにくく、気づいた頃にはがんがある程度進行、転移しているケースもあります。早期発見であれば100%に近い数値で治るとされています。だから、前にも述べたとおり肥満だったり、タバコをよく吸っていたり、直系の家族に大腸がんにかかったことがある人がいる場合は定期的に検診をしたほうがいいと思います。